多様化する葬儀から、家族葬、一般葬、火葬式・直葬をご紹介します

最近の流行、家族葬(密葬)

最近、注目を浴びている葬儀の形式に家族葬があります。 家族葬に厳密な定義はありませんが、家族や親族とごく親しい友人という少人数で故人とゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で最後のお別れをする葬儀です。 家族葬はこじんまりとした葬儀のため、故人との最後の時をゆっくり過ごすことができ、経済的だというメリットがありますが、参列できなかった人から苦情を言われることもありますので、事前に報告するなどの配慮が必要です。

最近の流行、家族葬(密葬)の続きを見る

宗教儀礼に基づいた、伝統の一般葬

一般葬は、故人に縁のある方々に広く訃報を知らせ、故人を見送る一般的な式次第で執り行う葬儀のことです。 古来より受け継がれてきた宗旨ごとの宗教儀礼を中心として、伝統的な形を大切にしつつ、故人の人となりに想いを馳せながら多くの参列者がお見送りをします。 一般葬は、費用がかかると思われがちですが、香典により葬儀費用の半分以上がまかなえる場合もありますので、費用に気を遣う場合は、事前にお見積りや参列者の人数を予想する事が肝要です。

宗教儀礼に基づいた、伝統の一般葬の続きを見る

ご遺族へ負担の少ない火葬式・直葬

火葬式・直葬とは、お通夜・告別式などの儀式を行わず、ごく限られた親しい人のみで火葬場に行き、最低限のご火葬のみを行う、最もシンプルな葬儀形式です。 お葬式は本来、通夜・告別式・火葬という流れで執り行われるのが一般的ですが、最近は、葬儀に費用をかけたくない、高齢で亡くなったため呼べる親族・知人がほとんどいない、仏教離れにより儀式としての葬儀の重要性が薄れた、などの理由により、簡素な火葬式・直葬をする方が増えてきています。

ご遺族へ負担の少ない火葬式・直葬の続きを見る

人気の記事

pixta_7763210_M

葬祭ディレクターに必要なモノ

葬祭ディレクターの仕事は、葬儀に関連する全てを企画・運営することです。 そのために葬儀の実務に関して幅広い「知識」と高度な「技術」が必須条件ですが、それに加えて、葬祭ディレクターには、状況を冷静に判断する判断力、迅速且つ丁寧に仕事を進めていけるだけの強い決断力と行動力が必要です。そして何よりも、ご遺族に対する細やかな心配りと思いやりが求められます。
Mourning Woman at Funeral with coffin

最近の流行、家族葬(密葬)

最近、注目を浴びている葬儀の形式に家族葬があります。 家族葬に厳密な定義はありませんが、家族・親族と親しい友人という少人数で故人とゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で最後のお別れをする葬儀です。 家族葬はこじんまりとした葬儀のため、故人との最後の時をゆっくり過ごすことができ、経済的だというメリットがありますが、参列できなかった人から苦情を言われることもありますので、事前に報告するなどの配慮が必要です。