最近の流行、家族葬(密葬)

Mourning Woman at Funeral with coffin

最近、注目を浴びている葬儀の形式に家族葬があります。
家族葬に厳密な定義はありませんが、家族や親族とごく親しい友人という少人数で故人とゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で最後お別れをする葬儀です。
従来から行われている密葬と規模や形式は似通っていますが、密葬の場合は、密葬のあと本葬やお別れの会が別に執り行われることが多いですが、家族葬の場合は、本葬などは行わず、家族葬のみで完結します。

近年、家族葬が選ばれるようになった理由としては、以下のような要因があります。 
・故人が高齢のため、知人友人が少ない
・故人の遺志によるもの
・葬儀予算を抑えたい(葬儀に費用をかけないでほしいという遺志)
・参列者への対応を軽減してゆっくりと故人とお別れをしたい

家族葬のメリットは、以下のようなことが挙げられます。
・少人数の葬儀になるため、お料理や返礼品などのおもてなし費用が軽減できます
・予め明確な予算を出しやすいので、追加料金が発生しにくい
・大きな斎場やホールを利用しないので経済的です
・家族や親族、ごく親しい友人のみの葬儀の為、参列者への対応に神経を使う必要がないので、故人と最後の時をゆっくり過ごす事ができます

しかし、メリットばかりではなく、家族葬にも以下のようなデメリットもありますので、注意が必要です。
・世間体や昔からの習慣を大事にする親族からの反対がでる可能性があります
・後日弔問客の応対が必要になることがあります。
・家族葬で行うことが故人の遺志であっても、参列できなかった知人から「なぜ知らせてくれなかった」と言われてしまう可能性もあります

家族葬を行う場合は、親族には事前によく説明をして理解を求めること、故人の生前の交友関係者には文書で家族葬で執り行う旨を報告する等の配慮が必要になります。
それでも、後日弔問に訪れるお客様には心のこもった応対で故人に代わって感謝の意を伝えることも肝要です

人気の記事

pixta_7763210_M

葬祭ディレクターに必要なモノ

葬祭ディレクターの仕事は、葬儀に関連する全てを企画・運営することです。 そのために葬儀の実務に関して幅広い「知識」と高度な「技術」が必須条件ですが、それに加えて、葬祭ディレクターには、状況を冷静に判断する判断力、迅速且つ丁寧に仕事を進めていけるだけの強い決断力と行動力が必要です。そして何よりも、ご遺族に対する細やかな心配りと思いやりが求められます。
Mourning Woman at Funeral with coffin

最近の流行、家族葬(密葬)

最近、注目を浴びている葬儀の形式に家族葬があります。 家族葬に厳密な定義はありませんが、家族・親族と親しい友人という少人数で故人とゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で最後のお別れをする葬儀です。 家族葬はこじんまりとした葬儀のため、故人との最後の時をゆっくり過ごすことができ、経済的だというメリットがありますが、参列できなかった人から苦情を言われることもありますので、事前に報告するなどの配慮が必要です。