葬儀社を選ぶ際のポイントをご紹介します!

もし早く葬儀社を見つけたいなら!

葬儀社を早く見つけたい場合は、インターネットで検索するのがベターです。 この場合は直接葬儀社を検索するのではなく(もちろん、どこがいいかわからないので直接検索はできませんが)、葬儀社の紹介サイトを検索します。 葬儀社の紹介サイトにもいくつかのパターンがありますが、ここでは、価格比較系サイトと相談所系サイトをご紹介します。費用優先なら価格比較系サイト、希望にあった葬儀社を探すなら相談所系サイトが有効です。

もし早く葬儀社を見つけたいなら!の続きを見る

避けたほうがいい葬儀社は?

葬儀は一般の人にとっては不慣れな非日常のイベントです。 どのように行うか、どのくらいの費用が掛かるのか、わからないことだらけです。 葬儀に詳しい知り合いがいればいいですが、すべての人にそのような知り合いがいるわけではないので、結局、葬儀社を探して相談することになります。 でも、すべての葬儀社が良い葬儀社とは限りません。 良い葬儀社を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?少なくともどんな葬儀社は避けるべきでしょうか?

避けたほうがいい葬儀社は?の続きを見る

宗教とかよく知らない・・そんな場合は

最近の家族構成は、核家族から一人暮らしへと構成人数が縮小する傾向にあります。 そうなると必然的に実家や一族の本家との繋がりも希薄になり、先祖代々の菩提寺とも縁がなくなったり、そもそも宗教がわからないという状況が起こってきています。 その結果、家族が亡くなった場合、お寺に相談するのではなく、葬儀社に相談することになり、家族葬や直葬が選ばれることになります。 家族葬や直葬は、一般葬と違って自由な形式で、故人を偲ぶ式を執り行うことができるからです。

宗教とかよく知らない・・そんな場合はの続きを見る

お通夜って必要?お通夜の意味

お通夜や葬儀が持つ意味は何でしょうか? お通夜は、昔、死んだ人が生き返る例が後を絶たなかったため、夜を徹して死体の監視を行ったのが始まりといわれています。当初は大勢でにぎやかに飲食しながらお通夜をしましたが、近代になってからお通夜は故人の冥福を祈る厳粛な儀式に変わりました。 葬儀は、昔から火葬や埋葬の前に行われる故人と残された家族・関係者との最後のお別れの場です。 そういう歴史を踏まえて、お通夜と葬儀には、大きく3つの意味があります。 それは、宗教的意味、心理的意味、社会的意味です。

お通夜って必要?お通夜の意味の続きを見る

人気の記事

pixta_7763210_M

葬祭ディレクターに必要なモノ

葬祭ディレクターの仕事は、葬儀に関連する全てを企画・運営することです。 そのために葬儀の実務に関して幅広い「知識」と高度な「技術」が必須条件ですが、それに加えて、葬祭ディレクターには、状況を冷静に判断する判断力、迅速且つ丁寧に仕事を進めていけるだけの強い決断力と行動力が必要です。そして何よりも、ご遺族に対する細やかな心配りと思いやりが求められます。
Mourning Woman at Funeral with coffin

最近の流行、家族葬(密葬)

最近、注目を浴びている葬儀の形式に家族葬があります。 家族葬に厳密な定義はありませんが、家族・親族と親しい友人という少人数で故人とゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で最後のお別れをする葬儀です。 家族葬はこじんまりとした葬儀のため、故人との最後の時をゆっくり過ごすことができ、経済的だというメリットがありますが、参列できなかった人から苦情を言われることもありますので、事前に報告するなどの配慮が必要です。