葬祭ディレクターとは?

pixta_4678495_M

葬祭ディレクターとは、厚生労働大臣が認定する葬祭ディレクター技能審査に合格することにより認定される称号です。
この資格の保有者は葬祭業界において知識や技能のレベルが一定以上で葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認定されたことになります。
実際の試験は葬祭ディレクター技能審査協会が主催し、認定も同協会が行なっています。

葬祭ディレクターの資格内容には1級と2級があります。
・2級:葬祭実務経験2年以上ある人に受験資格があり、個人葬における受注から会場設営、式典運営に至るまでの一般的な知識と技能を有していること
・1級:葬祭実務経験5年以上ある人か、2級合格後、2年以上実務経験のある人に受験資格があり、全ての葬儀における受注から会場設営式典運営に至るまでの詳細な知識と技能を有していること
1級も2級も似たような内容ですが、2級は個人葬、1級は社葬までプランニングができる、ということになっています。

葬祭ディレクターの試験は、学科と実技の二本立てです。
学科試験は、葬儀に係る仕事の内容について、意味も含めて正確に理解できているかを判定します。なおかつ、社会的環境・公衆衛生・法律・行政手続・遺族心理・宗教等の関連知識の有無も判定します。

実技試験は、下記の3つが用意されています。
・幕張り装飾:葬儀式場設営のための基礎能力を評価するために「幕張」の技能が審査されます
・司会:司会の実演は模擬司会となりますが、良い言い回しや言葉遣いなどが審査されます
・接遇:模擬のお客さまの意見を聞き葬儀全体の進行や運営など全てのコーディネートをしていく実技
実技試験は難易度が高いです。

葬祭ディレクターの資格を持っていなくても葬祭サービスの仕事はできますが、葬儀を正しく行うことができるレベルを認定する資格なので、この資格を持っている担当者がいるかどうかが、葬儀社を選ぶ目安の一つとなります。

人気の記事

pixta_7763210_M

葬祭ディレクターに必要なモノ

葬祭ディレクターの仕事は、葬儀に関連する全てを企画・運営することです。 そのために葬儀の実務に関して幅広い「知識」と高度な「技術」が必須条件ですが、それに加えて、葬祭ディレクターには、状況を冷静に判断する判断力、迅速且つ丁寧に仕事を進めていけるだけの強い決断力と行動力が必要です。そして何よりも、ご遺族に対する細やかな心配りと思いやりが求められます。
Mourning Woman at Funeral with coffin

最近の流行、家族葬(密葬)

最近、注目を浴びている葬儀の形式に家族葬があります。 家族葬に厳密な定義はありませんが、家族・親族と親しい友人という少人数で故人とゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で最後のお別れをする葬儀です。 家族葬はこじんまりとした葬儀のため、故人との最後の時をゆっくり過ごすことができ、経済的だというメリットがありますが、参列できなかった人から苦情を言われることもありますので、事前に報告するなどの配慮が必要です。