葬祭ディレクターに必要なモノ

pixta_7763210_M

葬祭ディレクターの仕事は、葬儀に関連する全てを企画・運営することです。
そのために葬儀の実務に関して幅広い「知識」と高度な「技術」が必須条件のため、資格試験では学科試験と難易度の高い実技試験が実施され、それをクリアしたものだけが、葬祭ディレクターの認定を受けられるのです。
しかし、葬祭ディレクターに必要なものは、知識と技術だけではありません。
葬儀はほとんどの場合、短期間に慌ただしく行われるものです。葬祭ディレクターには、各場面の状況を冷静に判断しながら、迅速且つ丁寧に仕事を進めていけるだけの、強い決断力と行動力が必要になります。また、交渉相手となるご遺族は、大切な家族を亡くしたばかりで、深い悲しみと喪失感の中にいますので、しっかりと心のケアを行うことも重要です。そして、葬儀をご遺族の満足のいくものにするためには、細やかな心配りが求められるのです。

ですから、葬儀を単なるビジネスと割り切って、企画・運営を進める人は葬祭ディレクターを名乗る資格はありません。
葬儀の知識・技術に加え、心配りや思いやりといった、一朝一夕では決して身に付けることのできない素養も、仕事を行う上で重要だからです。そういった意味でも、葬祭サービスを提供するのにふさわしい人物であるかどうかを判断する「葬祭ディレクター」という資格は、葬儀社にとっても、葬儀を依頼する側にとっても重要な資格であり、葬儀社を選択するときのキーポイントとなるのです。

人気の記事

pixta_7763210_M

葬祭ディレクターに必要なモノ

葬祭ディレクターの仕事は、葬儀に関連する全てを企画・運営することです。 そのために葬儀の実務に関して幅広い「知識」と高度な「技術」が必須条件ですが、それに加えて、葬祭ディレクターには、状況を冷静に判断する判断力、迅速且つ丁寧に仕事を進めていけるだけの強い決断力と行動力が必要です。そして何よりも、ご遺族に対する細やかな心配りと思いやりが求められます。
Mourning Woman at Funeral with coffin

最近の流行、家族葬(密葬)

最近、注目を浴びている葬儀の形式に家族葬があります。 家族葬に厳密な定義はありませんが、家族・親族と親しい友人という少人数で故人とゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で最後のお別れをする葬儀です。 家族葬はこじんまりとした葬儀のため、故人との最後の時をゆっくり過ごすことができ、経済的だというメリットがありますが、参列できなかった人から苦情を言われることもありますので、事前に報告するなどの配慮が必要です。